HOMEヘルニア・腫瘍・骨折

ヘルニア・腫瘍・骨折hernia

当院だからこそできる外科・整形外科手術があります。

ヘルニア

椎間板ヘルニアとは

椎間板ヘルニアとは

背骨と背骨の間でクッションの役割をしている「椎間板」が、さまざまな原因によりつぶれ、飛び出した状態を、椎間板ヘルニアと呼びます

飛び出した椎間板は近くを通る神経や脊髄を圧迫し、四肢、下半身のマヒなどを引き起こします
脊髄軟化症を招くこともあり、場合によっては死に至る病気です。

椎間板ヘルニアにかかりやすい犬種

  • ダックスフント
  • コーギー
  • シーズー
  • ビーグル
  • ペキニーズ
  • フレンチブルドッグ
  • トイプードル

症状

  • 歩き方がおかしい
  • 触られるのを嫌がるようになった
  • 階段の上り下りが難しい
  • 失禁
  • 脚、胸など、首から下の痛み
  • 立てない

原因

交通事故、高所からの落下、衝突、肥満による椎間板圧迫、老化による椎間板の弱体化

治療

薬、運動制限、手術などで治療します。

手術の流れ

全身検査

麻酔、手術に耐えられる身体であるかどうかをチェックします

MRI検査

(MRI検査前には全身麻酔が必要となります)
ヘルニアが起こっている箇所を正確に把握します。

各種検査・麻酔・手術

MRI検査後、病院で一泊してもらい、翌日に全身麻酔・手術を行います。

術後治療

2週間ほど入院してもらい、術後治療、経過観察をします。

手術料金

※料金はすべて税別です。
MRI+各種検査+手術料金+入院代
=300,000~350,000(内手術料金が80,000)

腫瘍(良性・悪性)

症状

  • 皮膚のもりあがり、腫れ、しこり、硬くなっている(痛みがない場合もあります)
  • カリフラワーのような形をしたイボ
  • 黒いしこり、かさぶた
  • 乳房のしこり
  • リンパ節(あごの下、わきの下、内股などにあります)の腫れ
  • 鼻、足先、肛門周辺のできもの
  • 食欲不振、体重減少

原因

老化、遺伝、紫外線、ホルモン異常、ウイルス感染

治療

手術にて腫瘍を摘出します。
良性腫瘍の場合は、経過観察・お薬での治療にとどめることもあります。

京都市伏見区で検査から手術まで

お問い合わせ

診療時間 【月・火・水・金・土】9:00~12:00/17:00~20:00
【日・祝】9:00~12:00
住所 〒601-1375
京都市伏見区醍醐高畑町68-5

院長ブログ

Facebook

老犬介護ホーム ろうたす