HOMEエキゾチックアニマル

エキゾチックアニマルexotic

小さな動物こそ、初期のうちに負担の少ない治療を。

うさぎ

歯切り

伸びすぎた歯は、咬み合せの悪化、口内組織の損傷などを招きます。
放置すると食事ができなくなることもあります。
病院で安全に処置しましょう。

歯切りのタイミング

食事の量が減る、元気がないなと思ったら、一度連れてきてください。
その後は定期的に通院していただき、歯切りを行っていきます。

毛球症

毛づくろいをしていると、多少毛を飲みこんでしまいます。
うさぎは嘔吐ができません。
胃に毛が溜まり、たんぱく質によって固められると、ボール状の異物となり、衰弱し、ときには死に至ります

症状
  • 食欲不振
  • 便の大きさが不揃い
  • 元気がない
原因

肥満による胃腸の不調、毛づくろい、栄養バランスの乱れ、体質

治療

薬の投与、開腹手術などを行って毛の塊を取り出します。

骨折

症状
  • 脚をひきずっている
  • (折れてしまった)脚を浮かせている
  • 動きがにぶくなった
  • 下痢、便秘などの排便異常
  • 食欲不振
原因

高所からの落下、身体がひっかかったままのジャンプ、家具への衝突

治療

固定してできるだけ安静にさせ、場合によっては手術を行います。

子宮ちくのう症

症状
  • 下半身の肥満
  • 乳腺の腫れ
  • 生殖器からの出血
原因

遺伝、過発情

治療

基本的には手術を行います。

耳ダニ

症状
  • 頻繁に耳をかく
  • 耳のかさぶた、悪臭
原因

うさぎ間の感染
※二匹目を飼うときは必ず両方のうさぎを検査してもらいましょう。

治療

薬の塗布、注射を行います。

膿瘍(膿のたまった袋)

症状
  • あごの付け根の腫れ、しこり
  • 耳、その他体表の腫れ、しこり
  • しきりに顔をかく
原因

皮膚炎、外傷、細菌感染

治療

膿を切開して取り出し、洗浄を行って消毒します。

胃腸障害

症状
  • 食欲不振
  • 下痢、便秘
  • 便が異常に小さい
  • 元気がない
原因

ストレス、脱水、食物繊維の不足

治療

胃腸の調子を整える薬で治療をします。

膀胱炎、膀胱結石

症状
  • 食欲不振
  • 体重減少
  • 血尿
  • 寝てばかりいる
原因

体質、栄養バランスの偏り、運動不足

治療

食事改善、結石を取り除く手術などを行います。

ハムスター

歯切り

伸びすぎた歯は、咬み合せの悪化、口内組織の損傷などを招きます。
放置すると食事ができなくなることもあります。
病院で安全に処置しましょう。

歯切りのタイミング

食事の量が減る、元気がないなと思ったら、一度連れてきてください。
その後は定期的に通院していただき、歯切りを行っていきます。

糖尿病

症状
  • 多飲、多尿
  • 体重の減少
原因

遺伝、バランスの悪い食事

治療

食事改善を主に行います。
場合によっては、インスリンの注射も行います。

子宮ちくのう症

症状
  • 食欲不振
  • お腹の膨れ
  • 生理ではないのに出血がある
原因

ホルモンの異常、陰部からの細菌の侵入、子宮内膜炎

治療

お薬、抗生物質などで治療します。
可能であれば子宮摘出手術を行います。

皮膚炎

症状
  • 腹、胸、わき腹、顔や背中の脱毛
  • 発疹、炎症
原因

パインチップ、スギなどの針葉樹の床材、食事、ハウスダストなどのアレルギー、老化、バランスの乱れた食事、ストレス、ダニ感染

治療

食事改善、環境改善、薬の投与などを行います。
ダニを原因とする場合は、駆除剤を使用します。

腫瘍

良性・悪性は見た目、触るだけでは判断できません。
しこりを見つけた場合には、できるだけ早く受診してください。

症状
  • こりこりとした感触のしこり
  • 身体を頻繁に掻く
原因

遺伝、高カロリーの食事、ウイルス感染、細菌感染、老化

治療

基本的には手術により腫瘍摘出を行います。
高齢の場合、体力に不安がある場合は薬で治療を行いますが、進行を抑える程度の効果しか期待できません。

骨折

症状
  • 歩き方が不自然
  • 腫れ
  • 完全に折れた場合はブラブラしている
原因

回し車、ゲージの隙間に足が引っかかった、カーペットに爪が引っかかった

治療

固定の上、自然治癒を待ちます。
壊死の危険がある場合には切断します。

頬袋脱

症状
  • 裏返った頬袋が口から外に出ている
原因

頬袋の傷、炎症、化膿、腫瘍、頻繁に物を出し入れする癖

治療

頬袋の消毒後、元の状態に戻します。
再発、壊死、腫瘍が疑われる場合には切除します。
※片方の頬袋が残れば生活上は問題ありません。

脱腸

放置すれば死につながる病気です。
見つけたらすぐに病院に連れていきましょう。

症状
  • 赤い腸が肛門から飛び出ている
原因

下痢、直腸に血が溜まる

治療

腸を元に戻すか、手術による切除を行います。

フェレット

異物の飲み込み

症状
  • 嘔吐
  • 食欲不振
  • 便秘
治療

排泄を待つ場合もありますが、異物の場所を確認した上で、切開して取り出すこともあります。

副腎疾患(エストロゲン過剰症)

エストロゲンという性ホルモンの過剰分泌により、白血球や血小板の不足、貧血を引き起こす病気です。

症状
  • 左右対称の脱毛
  • 陰部、乳腺の腫れ
  • 食欲不振
  • 元気がない
  • 体重減少
  • 体温低下
原因

発情が持続することによるエストロゲンの分泌過剰

治療

避妊をしていない場合には卵巣の摘出手術を行います。
注射によりエストロゲンの分泌を抑えることもあります。

インフルエンザ

症状
  • くしゃみ、鼻水、咳、発熱
  • 食欲不振
原因

他のフェレット、または人からの飛沫感染

治療

抗生物質の投与、点滴などを行います。

ジステンパー

フェレットのジステンパー感染は、命にかかわる問題です。
ワクチンの予防接種をお勧めします。

症状
  • 発熱
  • 目やに
  • 鼻水
  • 食欲不振
  • 唇や顎周囲の発疹、ただれ
原因

フェレット間の接触感染・空気感染、飼い主を介した間接的感染

治療

確実な治療法はありません。
感染したフェレットを隔離し、それ以上の感染の広がりを絶つことに努めます。

京都市伏見区で検査から手術まで

お問い合わせ

診療時間 【月・火・水・金・土】9:00~12:00/17:00~20:00
【日・祝】9:00~12:00
住所 〒601-1375
京都市伏見区醍醐高畑町68-5

院長ブログ

Facebook

老犬介護ホーム ろうたす