HOME犬の病気

犬の病気dog

毎日を一緒に過ごす飼い主さまだからこそ、気づけることがあります。

胃腸、肝臓、腎臓、すい臓などの内臓疾患

症状

  • 下痢
  • 嘔吐
  • 食欲不振

原因

疲労、ストレス

治療

薬、注射での治療を行うとともに、ストレスの原因除去に努めます。

関節炎、靭帯損傷、骨折

コーギーやヨークシャテリアなどの犬種は、特に靭帯の損傷が起こりやすいので注意が必要です。
また、関節炎は2歳の時点でおよそ6割の犬が経験している症状です。

症状

  • 脚を気にする
  • びっこをひく
  • 脚の腫れ
  • 動作が遅い

原因

高所からの飛び降り、交通事故、普通の生活の中での衝撃

治療

炎症の場合は、主に薬を使った治療になります。

靭帯の損傷・骨折の場合は安全を確認した上で、手術を行います。
正しい位置で完治を目指します。

心臓疾患

症状

  • ぜいぜいという呼吸の乱れ
  • 舌が紫色

原因

先天的なもの、老化による心臓機能の低下

治療

心臓の手術は非常にリスクが高くなります。
基本的には薬での治療となります。

近年、心臓疾患の治療薬は大きな進歩を遂げておりますので、症状緩和の効果は十分に期待できます。

子宮ちくのう症

症状

  • 食欲不振
  • 多飲、多尿
  • 生理ではないのに血が出る

原因

ホルモンの異常、陰部からの細菌の侵入

治療

薬による治療という選択肢もありますが、再発・副作用のことを考えると手術するのが望ましいでしょう。

ノミ、ダニ、耳ダニ、疥癬(かいせん)、アカラス(ニキビダニ)、アトピー、アレルギー

症状

  • 異常にかゆがっている
  • 皮膚のぶつぶつ
  • 局所的な抜け毛

原因

草むらなどでの寄生、動物間での感染、畳・絨毯・布団・クッション・ハウスダストからの感染

治療

薬やシャンプー、首輪タイプの駆除薬を使って治療します。

脳、内臓、神経の疾患、またはてんかん

症状

  • けいれんなどの発作
  • 四肢の硬直
  • 泡を吹く
  • 失神
  • 失禁

原因

腫瘍、脳炎、外傷、血液の異常、腎臓や肝臓の障害、遺伝、ジステンパーの後遺症

治療

検査ののち、脳や内臓に疾患がある場合には投薬や注射などによる治療、てんかんと診断した場合には症状を抑える薬を処方いたします。

けいれんはすぐに治まることも多いですが、できるだけ早く動物病院で検査を受け、原因を特定し、予防していくことが大切です。

膀胱炎、膀胱結石

症状

  • 尿の血液混入
  • 排尿後の尿の垂れ続け
  • 頻尿
  • 触られたり、抱きあげられたりするのを嫌がる

原因

細菌感染、老化、体質、免疫力の低下、糖尿病

治療

膀胱炎の場合は、抗炎症剤などで炎症を抑えます。
結石ができている場合には、早期に手術を行い、取り除きます。

白内障、緑内障

症状

  • 散歩中のつまずき
  • ものにぶつかる
  • 眼の赤み
  • 眼球のふくらみ

原因

老化、遺伝、糖尿病、外傷

治療

点眼、手術により治療します。

※目の手術の場合は、より高度な設備の整った、信頼のおける病院を紹介させていただきます。

京都市伏見区で検査から手術まで

お問い合わせ

診療時間 【月・火・水・金・土】9:00~12:00/17:00~20:00
【日・祝】9:00~12:00
住所 〒601-1375
京都市伏見区醍醐高畑町68-5

院長ブログ

Facebook

老犬介護ホーム ろうたす