HOME院長ブログ膝蓋骨脱臼

院長ブログ

膝蓋骨脱臼

2014/10/01

京都市伏見区、山科区そして宇治市のみなさま、おはようございます。たかやま動物病院院長 高山 健二です。今回は膝蓋骨脱臼について。膝蓋骨脱臼とは、膝のお皿が本来納まっている溝から外れてしまう病態です。突然足を持ち上げたり、また治ったりというような症状がみられます。これは内科的に治療できるものではなく、手術で矯正しなくてはなりません。林屋動物診療室時代はほんとにこの手術を数多くこなしてきました。左写真のように膝のお皿が内側に飛び出してしまってますが、脛骨粗面転移術を施すと、お皿は本来の正しい位置に納まります(右写真)。術後は5日ほどでまた元気に走り回るようになります。歩き方がおかしい、急にケンケンしだすなどの症状がみられましたら当院へご相談ください。

たかやま動物病院

最近の投稿

カレンダー

2018年5月
« 2月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ

京都市伏見区で検査から手術まで

お問い合わせ

診療時間 【月・火・水・金・土】9:00~12:00/17:00~20:00
【日・祝】9:00~12:00
住所 〒601-1375
京都市伏見区醍醐高畑町68-5

院長ブログ

Facebook

老犬介護ホーム ろうたす