HOME院長ブログ会陰ヘルニア

院長ブログ

会陰ヘルニア

2014/11/08

みなさま、おはようございます。たかやま動物病院院長 高山 健二です。先日、他院からの会陰ヘルニアの手術依頼があり、当院にて会陰ヘルニア整復術を施しました。会陰ヘルニアは高齢の未去勢の犬に多くみられる疾患です。お尻の横が大きく膨らみ、直腸がお尻の横に開いてしまった穴から飛び出してしまっているために便がスムーズに出せず、時には排便時に激しい痛みを伴います。
手術では結腸ー腹壁固定術を実施したのち、この穴を閉じていきます。しかしながら会陰ヘルニアは非常に再発が多い疾患であり、さまざまな手術方法が提唱されています。わたくしが林屋動物診療室時代から取り入れた手術方法では以前に比べて幸い再発率を抑えることができています。最近、なかなか便が出ない、お尻がやけに膨らんでいる、便が細いなどの症状がみられましたら、当院へご相談ください。

たかやま動物病院

最近の投稿

カレンダー

2018年8月
« 2月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ

京都市伏見区で検査から手術まで

お問い合わせ

診療時間 【月・火・水・金・土】9:00~12:00/17:00~20:00
【日・祝】9:00~12:00
住所 〒601-1375
京都市伏見区醍醐高畑町68-5

院長ブログ

Facebook

老犬介護ホーム ろうたす