HOME院長ブログウサギの脛骨・腓骨骨折

院長ブログ

ウサギの脛骨・腓骨骨折

2016/11/02

 

みなさま、おはようございます。たかやま動物病院院長 高山 健二です。先日当院にてウサギの脛骨・腓骨骨折の整復手術を実施いたしました。ウサギの骨は非常に薄く、割れやすいため手術が非常に困難です。手術操作によって新たな骨折を起こしてしまう危険性が高いため犬や猫と同様の手術方法ではうまくいかないことが多々あります。本症例でも骨折部位の骨は粉砕しており、プレート固定が困難であったため、キルシュナーピンを髄腔内に挿入し整復いたしました。術後はロバートジョーンズ包帯にて外固定を施し、現在術後観察中です。
整形外科疾患でお困りの際は当院へご相談ください。

たかやま動物病院

最近の投稿

カレンダー

2018年11月
« 2月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

アーカイブ

京都市伏見区で検査から手術まで

お問い合わせ

診療時間 【月・火・水・金・土】9:00~12:00/17:00~20:00
【日・祝】9:00~12:00
住所 〒601-1375
京都市伏見区醍醐高畑町68-5

院長ブログ

Facebook

老犬介護ホーム ろうたす